便秘

便秘

便秘予防や便秘解消、便秘解消 即効のために役立つ方法をチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

便秘解消 予備知識

便秘というのはどのような状態?



便秘で苦しんだり悩んだりしている人は多いのではないでしょうか
大抵の場合は、「便が出ない状態」を言っているのではないかと思います。
でも、これって明確な定義がないようです。
たとえば毎日便がでる人は3日間出なかったら便秘といえるし
3~5日程出ないのが普通でしたら、3日程度では何でもないと言えるでしょう。


そのことをふまえていえば、
「排便間隔がその人の通常の間隔を基準にして、異常と言えるくらい間隔があいた状態」ということになるかと思います。
簡単に言ってしまえば、人それぞれということにもなります。





便秘の症状



・機能性便秘
腸に異常はみられないけど、腸の機能に異常があるような場合


◇慢性
・弛緩性便秘
大腸の筋肉がゆるんで鈍くなって蠕動運動で便をスムーズに運べなくて、便の水分が腸に吸収され硬くなって留まっている状態
・痙攣性便秘
自律神経が乱れて、大腸の筋肉が痙攣を起こしてしまっている状態
・直腸性便秘
トイレに行きたくても行けない状況が続くことで、大腸の神経自体が鈍くなっておこります。


◇急性
旅行や引っ越しで環境が変わったり、偏食などで生じる一時的な症状





便秘の原因



1.朝食を食べない
朝食をすると腸が刺激を受けて便を排出しようする動きがあるのですけど、食べないと動きにくいのです。
2.水分不足
水分が不足してしまうと便が硬くなってします。
3.食物繊維の不足
食物繊維は便の量を増やして、腸内の物を体外に排出してくれる働きがあります。
4.運動不足
5.トイレを我慢する癖がある
6.生まれつき便秘気味の体質
7.妊娠や出産後でホルモンバランスが崩れている
8.生理中
9.病気の予兆
10.過度なダイエット
? ??



赤ちゃん 便秘



赤ちゃんは便秘になりやすい傾向にありますから、注意が必要です
筋肉量が少ないので、便を排出する力が弱いからなのです
それから赤ちゃんは、水分をしっかりとっても、ほとんどがおしっこになってしまって
水分不足になりやすいのです。
消化機能が未熟ということも便秘と関係しています。
赤ちゃんが4~5日以上排便をしない場合には、専門医に診せた方が良いと思います
赤ちゃんの場合の予防策としては
やはり腸に刺激を与えてあげることが効果的です。
・お腹を時計回りにマッサージ
・食物繊維が入った離乳食
・乳酸菌が含まれた食物
それから、赤ちゃんって体温が高いですので水分補給も大切です。





妊娠 便秘



女性は基本的になりやすいですけど、特に妊婦さんがなりやすいです。
妊娠すると女性ホルモンの一種の黄体ホルモンが増えます
これが便秘を引き起こしてしまう要因といわれています。
それから、胎児が成長してくると子宮が骨盤の方に落ちて行きますから、腸を圧迫するようになって動きも鈍くなってしまいます。


さらに、お腹が大きくなると動く事が大変になり運動不足におちいってしまい、更に腸が動かなくなってしまいます。

解消法として市販の便秘薬を安易に使わないようにしましょう。
胎児にどんな影響があるかわかりません。
やはり通っている産婦人科の先生に対処方法を聞いてみることが一番です。





ダイエット 便秘


ダイエットとも深い関連性があるといわれます。
食事量を減らしたり、痩せるといわれている食べ物ばかりの偏った食生活
このようなことを続けていると腸の動きが悪くなってしまいます。


ダイエットを成功させるためには、便秘を予防するとか解消する事が大事です。
ダイエットのためには、規則正しい食生活を心掛ける事です。
便秘解消に効果的な食べ物、飲み物等を積極的に摂るようにしましょう。


といってもバランスも大事です。
食事の時間は出来る限り同じ時間に、夜更かしはしないで早めに眠る事、
そうする事で胃腸がしっかりと休めることで、負担をかける事無く胃腸の動きも活発化してくる様になります。


適度な運動、マッサージ、ツボ押し、腹筋運動等も便秘予防のにも良いです。
それが結果的にダイエットにも役だちます。

   

便秘解消 即効

食べ物



便秘に効く食べ物と言えばやはり

食物繊維ではないでしょうか

食物繊維は、水分を吸収して便が

スムーズに出やすい硬さに調整して

くれる働きがあります。

それから、水分を吸収した結果、膨張するので便量が増えるとか、

腸をを刺激して活動を促してスムーズな排泄を促進させるという効果も期待できます。

・食物繊維の多い代表的な食品
玄米や胚芽米等の穀類、ゴボウや大根等の野菜類、芋類、大豆等の豆類
ワカメや昆布等の海藻類、バナナやミカン等の果物類
特にオススメは豆類です。


・腸の動きを活性化させる様な食べ物
ヨーグルト等の乳酸菌、チーズ、味噌、漬物等


これらの食物をバランス良く摂って規則正しい生活を身に付けることが大事です。

便秘解消 お茶



効果的な飲み物と言われているのがお茶です

シモン茶・・・便意を促す成分がたくさん入っていると言われています。
プーアール茶・・・腸内環境を整えて消化を良くしてくれる
明日葉茶・・・腸内の血流を良くしてくれる
ハーブティー・・・排泄をスムーズにしてくれる
コーヒー・・・カフェインが蠕動運動を活発化してくれる働きがある


自分に合いそうなお茶を試してみてはいかがでしょう

但し、痙攣性便秘にはお茶を飲んでも効果的ではないようです。




便秘解消 つぼ



ツボ押しは,
自分でも出来るし何処でも出来るのがいいです
気づいたときとかに是非やってみましょう


【大腸愈・腎愈(だいちょうゆ・じんゆ)】
腰に両手をあてます。
親指が当たる所を背骨の脇の方にずらした場所にツボはあります。
息を吐きながら優しく押します。
ゆっくり押す事が大事なのです


【間使(かんし)】
手首の内側に4本指を並べて置きます。

ツボは人差し指の下と腕の真ん中がぶつかる所にあります。



痛気持ちいい位に親指で1分程度押してください。
ツボの刺激で腸が正常に動く様になって、しかも即効性がありますよ。


【天枢(てんすう)】
このツボはおへその真横にありますから、ここをやさしく押してあげましょう
便秘の症状が改善傾向に向かうツボです。


【反射区】
足裏の土踏まずにツボはあります。
この部分は腸に関係するツボが密集していますから
全体的にやさしく刺激してあげるのがいいでしょう


【中かん】
ツボはみぞおちとおへその中間にあります。
この部分を円を描くようにマッサージすれば効果的です





便秘 薬



【漢方薬】
漢方薬は種類がたくさんありますから、効果的なものも当然あります
種類も予防に効果的なタイプと解消に繋がるタイプがあります。
漢方薬は薬とうことではなく、体質を元の状態に戻すという目的で飲む場合が多いです。


慢性化している場合は、漢方薬も一つの方法ですから、専門医に相談してみることも良い方法と言えます。

一般的には、市販の漢方薬を購入する方も多いのではと思います。
この場合、知っておきたいことは、市販されているのは主成分として
「大黄」と呼ばれる成分を使っている物が多いということです。
便秘に効果がある成分ですけど、
高齢者の方、身体が弱い方、冷え性の方が使うと効果が出過ぎて、
体力を奪われてしまうということもありますから注意しましょう。


漢方は体質、症状によって何を選んだらいいかが変わってきますから
出来るだけ漢方薬を処方してくれる医師の下できちんと処方して貰った方が良いですよ


【下剤】
下剤に含まれている代表的成分は、酸化マグネシウムです。
この成分が便を柔らかくして、お通じをスムーズに促してくれる様になります。


また副作用が少ないので比較的安心して使える下剤だと思います。
このような下剤を機械性下剤とよび効果が穏やかにでてきます。
腸に直接刺激を加える刺激性下剤と区別されています。
効果が穏やかなので、使い始めは効果が感じられないくらいですが
徐々にその効果が出てきて張っていたお腹が徐々に張らなくなり症状も軽減されてくる様になります。


ですからじっくり腸内環境が整うのを感じていきましょうね
但し、マグネシウム系の薬は腎臓病等の病気を持っている場合は服用出来ないので注意が必要です。


【ハチミツ】
ハチミツは薬ではないのですが、効果が期待できます。
ハチミツにはいろいろと栄養素が含まれていて
特にグルコ酸とオリゴ糖に効果が有あると言われています。


自然の成分だけすし、その他の美肌、美容にも役立つというのは嬉しいですよね
それからハチミツは料理に使いやすいので、食事で改善が出来るのも嬉しいメリットでしょう





便秘 体操




「運動」をする事も効果的です。


排便する時にはお腹に力を入れますよね。
これを腹圧といいますが、この腹圧をかけられるように腹筋をある程度必要です。
ですから、朝起きたら体操をする癖を付けるのがオススメです。


○運動の方法
・朝起きたら腕を上げて身体を伸ばして身体全体をほぐしましょう。
・腰のあたりを軽く拳で叩きます。
・うつ伏せになって、腹筋を意識しながら足をバタバタとさせます。
・足を抱える様に折り曲げて腿の裏側を踵で叩くようにしてください。
・最後に腹筋を無理が無い程度に10回ほど行えば終了です。


朝起きたらやるようにすると腸が刺激されて活動を活発化させます

○運動と一緒に排泄をうながすマッサージをしてみましょう。
・仰向けに寝て膝を立ててください。この状態でお腹に手を当てます。
・おへその下からおへその周りを円を描く様にして動かします。
・手のひらに力を入れて10回ほどまわします。
・指先に力を入れて同じく10回ほど回してください。


運動やマッサージは毎日行うことが大切です。
朝の習慣にしてしまいましょうね。

   

便秘で死ぬ!?

稀に重い病気を引き起こしてしまう場合があります。

○便秘が原因で死亡してた事例もあります。
その事例です。
20歳くらいの女性が便秘が原因で腸閉塞になり亡くなってしまいました。
1998年の事なので知っている人も多いかもしれません。
腸閉塞は、大腸が癒着して、腸の動きが止まってしまいます
腸に便やガスが溜まって排出できなくて、お腹が膨らんでしまいます。
症状が軽い時は絶食で治ることもありますけど、最悪は手術が必要です。
1年も前から苦しんでいたのに病院に行かなかったので、症状を悪化させてしまったようです。


便秘で死亡する事だってあると言う事をきち分かっておきましょうね

  

便秘 トップへ戻る